読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝起きた瞬間が勝負!?デキる女は◯◯を浴びていた!!

 

 

 

今回は、バストアップするのと

自律神経」は関係があるのか?

 

 

 

についてお話します。

 

 

 

朝、健やかに目覚める。

 

毎日便意を催す。

少し早めに出社して効率良く仕事をする。

 

美味しいごはんを前にして

よだれが出そうになる。

 

気分転換にウォーキング。

 

炎天下で大量の汗をかく。

12時前には健やかに眠る。

 

 

すべて当たり前のことに聞こえますが、

こうしたルーティンを維持することは

できそうで、なかなか難しいですよね。

 

 

不眠に便秘、食欲不振に貧血、

頭痛に動悸に息切れにめまいにだるさ。

 

誰しも思い当たる数々の不調のカギは、

脳から全身に走る自律神経が握っています。

 

あなたも、

この2つの名前を聞いたことがあると思います。

 

交感神経と副交感神経

 

自律神経はこの二つの神経のこと。

 

f:id:yonayona03:20160710235021j:image 

でも実際、

バストアップにどう関わっているのか

正しく把握している人は少ないと思います。

 

なにせ、自律神経は専門家の間でも

 

人体に残されたブラックボックスとして

取扱い注意的な存在だからです。

 

f:id:yonayona03:20160711000516j:image

 

そもそも目に見えないものなので

コントロールすること自体が難しい、、、

 

 

ではどうやったら自律神経を整えて

心も体も美しい状態でいられるのだろうか。

 

バストアップとどんな関係があるのかをお伝えしていきます。

 f:id:yonayona03:20160711000537j:image

そもそも、自律神経とは?

 

 

自律神経というのは、 私たちが自分でコントロールできない神経。

簡単に言うと「起きている状態」と

 

寝ている状態」をコントロールする神経です。

 

これが正しく機能していると、 
「昼間は起きて活発に活動して、

 

夜はしっかり寝て体を回復させる」

というように体が動いていくことになります。

 

この起きている状態に働く神経を「交感神経」、 
寝ている時に働く神経を「副交感神経」と呼びます。

 

あなたの意図しないところで

あなたの体を上手に動かしてくれている、 
そんな「陰であなたを支えてくれるもう一人のあなた」が

自律神経ということ。

 

 

自律神経の乱れがバストアップに与える影響

成長ホルモンの分泌

 

自律神経が乱れると、

夜に上手く眠れなくなるなど、 
起きている時と寝ている時の

バランスがおかしくなります。

 

夜に眠れなければ、

 

成長ホルモンの分泌が少なくなります。

 

成長ホルモンもバストアップに影響します。

 

 

自律神経と女性ホルモンもかなり密接に関係しています。

 

というのも、

 

自律神経は脳の視床下部がコントロールしていて、

 

視床下部は同時に女性ホルモンの分泌もコントロールしているからです。

 

つまり、

 

 

自律神経と女性ホルモンは、

 

同じ部分でコントロールされているということです。

 

自律神経が乱れるような事があれば、 
視床下部は自律神経のバランスを正常にしようと集中してしまい、 
結果的に女性ホルモンの分泌が疎かになります。

 

血行の悪化

そして自律神経が乱れると、血行が悪くなります。 
血の流れがよくない状態です。

血行が悪いことは、

胸が大きくならない最大の原因とも言えますから、 
自律神経のバランスが崩れることで血行が悪くなれば、

胸を大きくすることを妨げていると言えるわけです。

 

そして、自律神経を整えるということは

交感神経と副交感神経をコントロ-ルすること。

 

朝は交感神経を優位にしてシャキッとする

夜は副交感神経を優位にして思いっきり休む。

子供のころは出来てたのに

大人になるとこれが

できそうでなかなか難しい、、、

ではいったいどんなことに気を付ければいいのか、

その中でも、私がお勧めする交感神経を

働かせる方法を1つだけ

ご紹介します。一度にたくさんお伝えしても

なかなか実行が難しいと思うので

まずはこちらから始めてみてください。

 

その方法というのが、

朝起きて

太陽の光を浴びること。

交感神経を刺激する最強アイテムなのが

実は「朝日

 

アイテムというか、なんというか、、

そう、朝日。

 

朝日を浴びると、体内にセロトニンという物質が

分泌されます。

このセロトニンが交感神経のスイッチになるんです。

なので、朝起きたときだけは日焼けを気にせず

しっかりと朝日を浴びること。

 

十分に浴びる方法としては、これまで枕元に置いていた

目覚ましを窓際に移動させましょう。

 

そうすれば、朝目覚ましが鳴った時に

窓際に行かなきゃいけなくなり

その時にカーテンを開けて

部屋に光を取り込みます。

 

そしてまだ眠かったら

二度寝してもいいことでしょう。

セロトニンは太陽の光があれば

寝ていても分泌されるんです。

ただ、起床時間は常に同じ時間のほうが良いのは確かです。

 

人間には体内時計があり、不規則な生活を続けると狂いが生じてしまいます。

 

そうすると、太陽のうごきに連動する生体リズムも崩れてしまいます。

同じ時間に起きることによって体内時計をリセットできるのです。

毎日同じ時間に起きることは

簡単そうで意外と難しいですよね。

だからこそ、自分がどんな時に

不安定になりやすいのか、

何をしたら回復できるのかを

知っておくことも大切。

いかに自分をコントロールできるかで

胸も、あなた自身も変わっていきます。

まずは、朝起きたときに

朝日を浴びて

一日をスタートさせることから始めていきましょう。

では、最後まで読んでいただき

ありがとうございます。